部屋に戻る途中、

「よう、ナンバー2」と声をかけられた。

 

「俺は火野恭司。キミの先輩・・・ってことになんのかな?」

「初めまして、水原怜人です」
終末のハーレム

 

これが、MKウイルスの免疫を持つ男性同士の初めての出会いだった。

 

 

火野はあまり人見知りはしない明るいタイプのようで、怜人もいい人そうだと安心感を覚えた。

 

その直後、肩を組まれながら「メイティングしてないんだって?」と訊いてきた。

 

怜人が理由を話そうとするのを遮り、火野は一人合点して、同じ境遇の彼の心中を勝手に思い描いて話し始めた。

 

「こんなうまい話あるのか?壮大なドッキリなんじゃないのか?実は恐ろしい生体実験なんじゃないのか?・・・ってね」

そして一拍溜めて

 

「だが!これは紛れもなく現実!この世の楽園だ!」と言い切った。
終末のハーレム

 

 

感じ方の違いに怜人は苦笑いを漏らすが、火野は相手の反応など気にしないようで、

 

「モデル、アイドル、今日は女優だ!俺は子作りに励むぜー!」と一方的に言いたいことだけ言って去っていった。
終末のハーレム

 

 

シャワーを浴びながら、火野の言葉を思い返す。

 

「楽しめ」

ここに絵理沙がいたら、確かに楽しめるだろうな。

 

だから探しに行かないとな。
終末のハーレム

 

そう決意を固めた。

 

その直後、急に電気が消えた。

 

「停電?故障か?ドアは・・・」

伸ばした手に触れたのは、妙に柔らかい感触だった、

 

「なーんだ。聞いてたより、随分積極的じゃない」
終末のハーレム

 

 

その声の正体は、いつの間にかシャワールームに入って来ていた美来に勝るとも劣らない巨乳の女性で、なぜか酒瓶を持っていた。
終末のハーレム

 

「あんたがナンバー2ね?」

「な・・・なんですかあなたは?」

しかし女は怜人の質問に答えずに出口に立ち塞がり、ドアノブを叩き壊してしまった。
終末のハーレム

 

「ざーんねん。これでもう出られないわね」

 

そう言いながら、絵理沙への操を試すかのように豊満な身体を押し付けてきた。
終末のハーレム

 

 

考察・感想

ハーレム生活を心から楽しんでいる火野が初登場。

今までの世界ならヤリチン野郎と言われるところだが、終末の世界では男としての役目を立派に果たす救世主兼功労者だ。

ここで一つ注目したいのが、まひるが「男ってみんなこうなの!?」と言った時に、美来が一瞬手をとめたこと。

これが残されたデザートに気付いたからだとは思えない。過去に男関係で苦い思い出があるのか、怜人が強い意思で自分を拒絶したからなのかは分からない。

ただ、後にでてくる片桐麗亜とも何か関係がありそうな気がする。

 

 

無料で読む方法とおすすめ試し読みサイト

ebookjapanで試し読み

DMMで試し読みと購入

U-NEXTで無料購入

【コミなび純稿】妹とHしよ?私、大好きなお兄ちゃんとセックスしています♡(ハート)ver1